作品を魅力的に装う額装・表装専門店

アートサロンGARO額装工房

『額装』することとは、大切なものをフレームで守り、なおかつ飾って楽しむことです。

絵画・書・写真・布・クラフト・立体など、工夫すればどんなものでも額装することができます。

 

では、どんな色、どんなデザインが合うのか?

どんなサイズのものを選べばよいのか?

どうやって額の中に納めればいいのか?

どれくらいの費用がかかるのか?

 

額装を決めるのはなかなか難しいように思えますが、額装の知識のあるスタッフがじっくりご相談を承りますのでご安心ください。

ご予算や額装するものに応じて、規格品からオーダー額装までさまざまなご提案をさせていただきます。

 

額とマットの組み合わせや仕様(構造)は、迷うほどたくさんあります。でも、迷いながら合うものを探していくのは、とても楽しい作業ですよ。

スタッフと一緒に選んでいけば、きっとお好みの額装にたどりつけるはずです。

 

額装が決まったら、一点一点丁寧に制作いたします。額装するものをお預かりし、額の中に納めてお渡しいたします。

 

まずは、額装したいものを持ってお気軽にご来店くださいませ。

 

アートサロンGARO額装工房

オーナー・額装デザイナー

岩下大輔

 

最新投稿

  • インテリアファブリックをマットに

    マット部分にインテリア用の布を使用して書を額装しました。 この布は、生成りの布に生成りの穴あき和紙が貼りついて …

    続きを読む...

  • 漆喰の額

    書作品に合わせて漆喰の額を制作しました。 コテ跡が残るように漆喰を塗りつけています。   当店では書 …

    続きを読む...

  • ちょっとしたアイデア

    日本画を額装しました。 これは作家さんのアイデアですが、正方形のパネルを斜めにして作画されています。 当然、額 …

    続きを読む...

  • 連作をユニークに額装

    連作の書作品の額装です。 「普通の額装ではなく、ユニークにしてほしい」というご依頼でしたので、写真のようなデザ …

    続きを読む...

お知らせ

一覧