染色作品-宝の山

柿渋と弁柄で染めた布に金と銀で宝の山を書いたおめでたい作品を、渋い金のマットと木調のこげ茶のフレームで額装しました。

 

この額装はお客様のご希望でアクリルを入れていません。

紫外線カットのアクリルがない場合、作品の色あせと埃の心配がありますが、逆に反射がなくて作品が見やすく質感も分かりやすいという利点もあります。

 

染色作品:大坪與七郎

コメント