紫外線から作品を守る方法

紫外線が作品に与える影響は大きく、色あせや色やけを起こして作品全体のイメージを変化させてしまいます。

直射日光が当たらない場所でも、室外から届く散乱光や蛍光灯に含まれる紫外線により、いつの間にか作品やマットの色が変わってしまうものです。

 

そこで、GAROでは額縁の表面カバーに紫外線カットアクリルを標準装備して、作品を紫外線から守っています。

既製品の額縁についても、一部の売り出し用の額縁を除き、ほぼ全ての額縁の表面カバーを紫外線カットアクリルに交換しています。

 

一口に紫外線カットアクリルと言ってもカット率は様々で、70%程度のもの、90%、93%、98%、そして99.9%カットのアクリルもあります。

例えば直射日光下で1週間で色が変わってしまうものが、これらのアクリルでどのくらい長持ちするのでしょう?

単純計算ですが、同程度のダメージを受けるまで…

70%カット:約3週間
90%カット:約2ヶ月半
93%カット:約3ヶ月
98%カット:約1年
99.9%カット:約19年2ヶ月

…と、こんなに効果に差が出てしまいます。せっかく紫外線カットのアクリルを使用しても、これでは不安になってしまいますよね。

でもご安心ください。GAROで使用しているアクリルは「紫外線99.9%カット」のアクリルです。

安心のアクリルで、思い出が色あせることのないよう、大切に飾りましょう。